« 【高校時代の思い出】平成8年・鎌倉市長と話す会。【角田晶生】 | トップページ | 【備えよ、常に】隊友会が鎌倉市と防災協定締結へ調整中。【角田晶生】 »

2014年7月27日 (日)

【思い出話】私が祖国に「かぶれた」理由。【角田晶生】

(角田晶生 つのだあきお・笹竜党 代表)

 古都・鎌倉に生まれ育ち、日本をこよなく愛してやまないと自負する角田晶生ですが、ある人からこんなことを言われました。

「何だか角田君って、日本かぶれの外国人みたい(大意)」

 なるほど。確かに、そうかも知れません。

 物心ついてよりこのかた、ずっと「日本に飢えてきた」自覚があります。

 世界の国々を見ると、どこの国でも自分たちの伝統や文化をとても大切にしています。

 でも、私たちの祖国・日本はどうでしょうか。

 何かとつけて「世界では~」「欧米では~」「国際化を~」などと、自分たちの伝統や文化を、何か遅れているもの、恥ずかしいものとでも言わんばかりに否定し、かなぐり捨ててきたように思われてなりません。

 そういう風潮を、子供心に何か恐ろしく、取り返しのつかないものに感じたのが、いわゆる「日本かぶれ(苦笑)」のキッカケだったと憶えています。

 何よりも、自分自身が「自分の祖国・故郷を知らない」ことが、恥ずかしく思われたのでした。

 それから20数年間、拙いなりに勉強してきたつもりです。

 国際化社会だからこそ、私たちは自分の祖国を、故郷をよく学ぶ必要があると考えます。

 それこそ、いくら英語をマスターしたところで、自分に語れる内容がなければ、何も話すことはできないのです。

 なんせ2674年の歴史と伝統を有する我が国ですから、学ぶこと、語れることは限(キリ)なくあります。

 自分の祖国を、故郷を正しく学ぶことこそ、誇りを取り戻す第一歩と心得ます。

« 【高校時代の思い出】平成8年・鎌倉市長と話す会。【角田晶生】 | トップページ | 【備えよ、常に】隊友会が鎌倉市と防災協定締結へ調整中。【角田晶生】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437103/56916016

この記事へのトラックバック一覧です: 【思い出話】私が祖国に「かぶれた」理由。【角田晶生】:

« 【高校時代の思い出】平成8年・鎌倉市長と話す会。【角田晶生】 | トップページ | 【備えよ、常に】隊友会が鎌倉市と防災協定締結へ調整中。【角田晶生】 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

参加中

無料ブログはココログ