« 【鎌倉市政e-モニター】自転車の交通ルール・マナーについて。【角田晶生】 | トップページ | ”地域主権”で豊かな財源?【鎌倉笹竜党・角田晶生】 »

2014年3月 7日 (金)

駄案(ダーン)といってみよう!-ダメ元さんボランティア。【鎌倉笹竜党・角田晶生】

ダーン!のポーズ(3月7日、角田晶生)
ダーン!のポーズ(3月7日、角田晶生) posted by (C)角田晶生

(角田晶生 つのだあきお・笹竜党 代表)

 所用があって、コンビニエンスストアでコピーをとっていたところ、ご婦人から「コピー機の使い方を教えて欲しい」とお願いされました。

 時間に余裕があったので、快諾してこれをひと指南。店員さんからも「教えて下さってありがとうございます」とお礼を頂きました。

「使い方を訊かれる人が結構いましてね。それだけ、教えてくれる人が必要になる訳です」

 そんなお話を伺いながら、ちょっとした思いつき(駄案)が浮かんだのでした。

※タイトルの「駄案(ダーン)といってみよう!」は、ここから来ました。ダジャレのくせに、勢いだけはありそうです。

 閑話休題(かんわきゅうだい・話を元に戻すこと)。

 何でも聞ける人がいればいいけど、実際にはそんな便利な人はいない。それでも、とりあえずダメ元でもいいから、何でも聞いてみる事のできる人がいたらいいだろうな、と。

 そこで登場するのが「ダメ元さん」です。

 とりあえず何か知りたい、聞きたい時に、その辺をうろついている「ダメ元さん」ボランティアに対して、知ってたらありがたいのですが……程度に声をかけます。

 ダメ元さんはその答えを知っているかも知れないし、知らないかも知れない。それでもダメ元だから一向に構わない。

 そんな人がいたら面白そうですが、実際にはそんな暇人もなかなかいないものです。

 現在、鎌倉にも「ボランティアガイド」はいますが、より身近に、気楽に色々聞ける人がいたらいいな、という思いつきでした。

 何かの形で実現できたら、鎌倉もより親しみやすい町になるかも知れません。

« 【鎌倉市政e-モニター】自転車の交通ルール・マナーについて。【角田晶生】 | トップページ | ”地域主権”で豊かな財源?【鎌倉笹竜党・角田晶生】 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1437103/55270048

この記事へのトラックバック一覧です: 駄案(ダーン)といってみよう!-ダメ元さんボランティア。【鎌倉笹竜党・角田晶生】:

« 【鎌倉市政e-モニター】自転車の交通ルール・マナーについて。【角田晶生】 | トップページ | ”地域主権”で豊かな財源?【鎌倉笹竜党・角田晶生】 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

参加中

無料ブログはココログ